Bank account/Credit card

1.クレジットカード

 

(Case 1)

シティのドル決済のクレジットカードを作成しました。私費で行く方は、所属企業の余信があるうちに、こういったカードは作成しておくことをお勧めします。なお、クレジットよりは、デビットカードの方がよく使うので、ドル決済のクレジット作成はマストではないと思います。(あるにこしたことはないですが)

 

(Case 2)

citiとchaseを持ってますが、どちらも便利です。 citiは学内にATMがあり、CBSの建物にもあるので学校周辺では便利です。ただ、街中のATMの数はあまり多くない気がして、私はChaseも作りました。街中至る所にあるドラッグストアでおろせるし、支店も多いです。 あとはcitiは学生口座が作れるので維持手数料かかりませんが、chaseは一定残高等の条件が必要なので、私は給与をここに入るようにして条件をクリアしています。

 

(Case 3)

遅ればせながら私もこちらではCitiで口座ひらきました。FXで両替したものを、海外送金手数料が少ない日本のCitiにうつして、そこからアメリカに送金しています。米Citiは専らDebitを使うだけで、クレジットカード一回もつかってないし、現金おろした記憶もほとんどないです。

 

(Case 4)

渡米後すぐにchaseのみ口座を開設しました。学校周辺に店舗があり街中にATMがあるので便利です。一年目はDebit Cardで生活してましたが、店舗を訪問した際にCredit Card作成を薦められ、2年目にCredit Cardを作成。順調にCreditスコアを積み上げてます。将来またアメリカに戻ってくる可能性もあるため、卒業後もChecking口座は残し(日本でも閉めれるとのことなので)、Saving口座のみ課税されないよう閉じる予定です。

 

 

2.ドル転

 

(Case 1)

三菱東京UFJ銀行▶マネーパートナーズ(FX)▶シティジャパン▶という経路でマネーパートナーズは1週間程度で口座が作成できます。FXを使えば0.2銭程度、ドル転が有利になりますが、為替の振れ幅(在学中に102円▶︎110円に変化)に比べたら誤差なので、わざわざFXを介す必要もなかったかなと思っています。

 

(Case 2)

SONY銀行でドルに換え、それをそのまま米国で開いた銀行口座に送金しています。送金先口座指定に色々と書類を提出する必要があるため、渡米前に手続きをすることをお薦めします。送金手数料は大体一回5000円程度で上限金額は500万円程度だったと記憶しております。手数料がかかるため、留学中2回のみ送金しました。送金完了まで2営業日程かかります。